現役塾講師Vtuber漣が教える意外と知らない英語の知識シリーズ!

ブログとは思えないほどのシンプルさで読みやすさを追求した漣ブランドの唯一無二の「独自性」!

意外とわからない「助動詞」について超わかりやすく現役塾講師漣が解説!

皆さん、こんにちは、漣です。

f:id:singekisoun:20210407213853p:plain

最近、また投稿できる時間ができたので前回の投稿の続編シリーズとして続けていきます。

是非、漣のこの記事をノートに書きながら学習することで、絶対勉強ができるようになるように記事の構成にしていきますので、是非最後まで見ていっていただければと思います。

最近、多くの方に見ていただきありがとうございます。これからも引き続き2022年もご愛読いただければと思います。

<漣の文法の特徴>

1.専門的な細かい文法の紹介はないので、英語を初めて学ぶ人でも分かりやすい!

→必要最低限の事のみで驚くほどシンプル!

2.クイズ形式なのでその場で理解度を確認できる!

→最後に実践問題がついているので、解けたら今回の内容は理解できた証拠!

 

さて、本編を始めていきましょう!

◆Chapter15 助動詞について

f:id:singekisoun:20220319213305p:plain

 

 

 

Step1  <文法を簡単に理解しよう!>

§1  助動詞とは?

◆基本的な形は・・・

助動詞+動詞の原形 になる!

◆助動詞の種類について


can(∼できる) =be able to~

will(∼だろう、∼するつもり)

 must(∼しなければならない、∼に違いない) may(∼しても良い、∼かもしれない)

 should(∼すべきだ)

*以外に覚える量は多いけど、全部大事だから、頑張ろう!


◆助動詞の代表的な過去形について
willの過去形は・・・

→would
canの過去形は・・・

→could

 

 

§2  助動詞の肯定文について

まず基本的な語順は・・・

→ 主語+助動詞+動詞の原形 となる!
<肯定文のルール>

①動詞は主語や時制で変化せず、必ず原形
②過去の文では助動詞を過去形にする。


Mike cleans his room.動詞Mikemustcleanhis room.助動詞動詞の原形Emi answered the question.動詞(過去)Emicouldanswerthe question.助動詞動詞の原形(過去)

Example

The boy could not see the blue sky.その少年は青空を見ることができなかった。
He may mistake the number.

彼は番号を間違えるかもしれない。
We should be kind to old people.

私たちは老人に親切にすべきだ。
It will be cloudy tomorrow.

明日は曇りになるでしょう。
You must not eat too much.

あなたはたくさん食べ過ぎてはいけません。

 

§3  助動詞の疑問文について

基本的な語順は・・・

助動詞+主語+動詞の原形 となる!

<疑問文のルール>

①助動詞を文頭に出す。

②動詞は原形のまま。

 

Example

Must we go?

私達は行かなければなりませんか。
Can you make a big fence along the stream?小川にそって大きな垣根を作ってくれますか
May I try this on?

これを試着してもいいですか。
Where should I get off?

私はどこで降りるべきですか。
How will it be the weather tomorrow?

明日の天気はどうでしょうか。

 

§4  助動詞の否定文について

基本的な語順は・・・

→ 主語+助動詞+not+動詞の原形 となる!

<否定文のルール>

①助動詞の後ろにnotを入れる。
You should use it.You should not use it.

Example

I can't eat that much.

私はそんなにたくさん食べられない。
You mustn't compare host families.ホストファミリーを比較してはいけません。
It won't be rainy next Sunday.

次の日曜日は雨にならないでしょう。
You should not throw it away.

あなたはそれを捨てるべきではない。

 

§5  助動詞のcanの書き換えについて

→「∼できる」という意味は基本思い出すものは何だろう?

皆さんはすぐに「can」を思い出したのではないかな?

実は、「~できる」という意味になるのはcanだけではないよ!

それは・・・

 

「be able to~」 

 

という熟語だよ!

どういうときに使うかというと、be動詞を変化させることで主語や時制を合わせることができたり、(  )の数の制限で使わざるを得ないときもあるから必ず覚えておこう!

書き換えはこんな感じ!

can speak English.am able to speak English.

他にもたくさんの例を紹介しておくよ!

Example

①肯定文

Ken can swim.= Ken is able to swim. 

ケンは泳げる。

②疑問文
Can they cook? = Are they able to cook? 

彼らは料理できますか?

③否定文
We couldn't use it.= We weren't able to use it. 

私達はそれが使えなかった。

 

§6  助動詞を使った丁寧表現について

→助動詞の丁寧表現は過去形にすることで、「丁寧な表現」にすることができるよ!

意味は、日本語でも丁寧に言うときは「∼してくれませんか。」というよね。

これは依頼を表すのに使うよ。
因みにWill you∼?,  Would you ∼? もほぼおなじ意味になる!

Example

Can you open the window? 

窓を開けてくれませんか。
Could you tell me the way to the station? 駅までの道を教えていただけませんか。

 

という風に、誰かにお願いしたい時はぜひ使ってみよう!

 

他にも・・・・

許可を求めたい時」ってあるよね?その場合の丁寧表現も紹介しておくね!

それは・・・

 

「Can I ~ ?」や「May I ~?」

 

を使う!

使い方は、こんな感じ!

Example

Can I use this pen? 

このペンを使ってもいいですか。
Can I try it on? 

試着してもいいですか。

 

§7  助動詞のmustについて

→意味は・・・

「∼しなければならない」という(義務)を表すものと、「∼にちがいない」(推量)を表すものがある!

*義務というのはわかるよね?でも推量は意外とわからない人が多いかも!?

「推量」というのは意味から察せるように「自分の限りなく可能性の高い予測」という風に覚えておこう!

 

それでは、実際に使い方を紹介するね!

Example

①肯定文

You must clean your room. 

あなたは部屋を掃除しなければならない
I must get up early. 

私は早く起きなければならない。

②疑問文
Must I wait for Kenta? 

私は健太を待たなければなりませんか?

③否定文
You mustn't play the guitar here. 

ここでギターを弾いてはいけない。

④推量
He must be busy. 

彼はいそがしいにちがいない。

 

実は、「~しなければならない」の「must」はcan=be able toのように書き換えができる!

それでは、mustの書き換えを紹介するね!

それは・・・

 

「have to~ / has to~」

 

だよ!

 

2つあるけど、どのように使い分けるのかというと主語が三人称単数かどうかで分ける!

あ、三人称単数がわからない?

そういう人はまずはこちらを見ることをおすすめするよ。

 

singekisoun.hatenablog.com

 

どう?わかったかな?

三人称単数とは簡単に言うと

「Iとyou、そして複数以外の一つ、一人のこと」

だったね。

そのIとyouと複数形の時はhave toを使い、それ以外の時つまり三人称単数の時はhas toを使うんだ!

また、 過去形はhad toとなる。そして疑問文はDo(Does, Did)を文頭につけ、否定文はdon't(doesn't, didn't)を使う。

しっかり覚えておこう!

それでは、実際に使い方を例文で紹介しておくね!

Example

I have to go to bed now. 

私はもう寝なければなりません。
Ken has to stay home. 

ケンは家に居なければならない。
Do I have to change trains? 

電車を乗り換えなければなりませんか?
You don't have to hurry. 

いそぐ必要はない。

◆mustとhave toの厳密なちがいについて

ここで、せっかく、「must」と「have to」を紹介したので厳密な違いを豆知識程度に紹介しておくね。

mustとhave toはほぼ同じ意味だが、mustには話し手の命令的なニュアンス、have toは必要性を示すニュアンスの意味が強い。
肯定文ではあまり意識する必要は無いが、否定文では意味の違いを明確にする必要がある。
must not (mustn't) 「∼してはいけない」
don't(doesn't) have to 「∼しなくてもよい、∼する必要はない」

ね!否定文では全然ニュアンス違うよね・・・

これを間違えて使ってると非常に大変だから、ここまで理解できるひとは理解しておこう!

実際の使い方を紹介しよう。

Example

You mustn't watch TV. 

あなたはテレビを見てはいけない。
You don't have to study so hard. 

あなたはそんなに熱心に勉強しなくてもいい。

 

◆mustで聞かれたときの疑問文に対する答え方について

Mustで聞かれても否定のときはdon't have to で答える!

 

Example

Must I go to bed now?

私はもう寝なければなりませんか。

Yes, you must.

はい、寝なければなりません。

No, you don't have to.

いいえ、寝なくてもよい。

 

◆mustを過去形で使いたい時は・・・

→mustの過去形はないので、代わりにどうするかというと・・・

「had to 」

を使う!

 

 

§8  助動詞と命令文の書き換えについて

①命令文のに対する書き換えは・・・・

 

 You must∼  を使う!

 

②否定の命令文に対する書き換えは・・・

 

You mustn't∼ を使う!

 

実際の例文で確認してみると・・・

 

Example

Wash your hands.= You must wash your hands.

あなたは手を洗いなさい。=あなたは手を洗わなければならない。
Don't drive so fast.= You mustn't drive so fast.

そんなに速く運転するな。=あなたはそんなに速く運転してはいけない。

 

§9  助動詞のmayについて

mayの意味は・・・

→「∼してもよい」という許可を表すものと、「∼かもしれない」という推量を表す!

使い方は・・・

Example

You may play a computer game. 

あなたはコンピュータゲームをしてもよい。
May I use this pen?  Sure. 

このペンを使ってもいいですか。 いいですよ。
Ken may have a good idea. 

ケンはよい考えがあるかもしれない。
She may not be from Osaka. 

彼女は大阪出身ではないかもしれない。

 

§10  助動詞のshouldとshallについて

①shouldについて

→意味は、「∼ すべきだ」という義務を表す!先ほど義務を表すmustやhave toがあったけど日本語の意味から察するにshuldは弱い義務になる!

使い方は・・・

Example

You should help your mother. 

あなたはお母さんを手伝うべきだ。
They should not go there.

 彼らはそこへ行くべきではない。
Should I wait for Emi? 

私はエミを待つべきですか。
What should I do for them? 

私は彼らのために何をすべきでしょうか。

 

②shallについて

◆shallを使ったフレーズを2つ紹介!

①Shall I ∼? (私が)∼しましょうか?

② Shall we∼?(私と一緒に)∼しましょうか?

 

*この2つの意味の違い分かるよね??( )を除くと違いはないけど、(  )の中を見るとshall I~は自分が主体的にやるイメージで、shall we~はとにかく私と一緒にやるイメージで違いを見分けよう!

 

使い方は・・・

Example

Shall I teach you English? 

(私が)英語を教えましょうか。
Yes, please. / No, thank you. 

はい、お願いします/いいえ、結構です。
Shall we play tennis? 

(私と一緒に)テニスをしましょうか。

 

 

Step2 <理解した文法を使って問題を解いてみよう>

   問題1 次の日本語を表す助動詞を書きなさい。

~できるcan かもしれないmay ~するつもりwill ~しなければならないmust ~すべきだ。should
  問題2 次の文を日本語にしなさい。

 Mr. Brown will take his son to the zoo next Sunday.ブラウンさんは次の日曜日に彼の息子を動物園に連れて行くつもりです。

 Ken can write a letter in English.ケンは英語で手紙を書くことができます。

 May I use this pen?このペンを使ってもいいですか。

 What should we do for the poor people?その貧しい人たちのために私たちは何をすべきでしょうか。

 Can you help me with my homework?私の宿題を手伝ってくれませんか。

 Shall I make dinner for you?あなたに夕食を作りましょうか。

 You mustn’t swim in this river.あなたはこの川で泳いではいけません。

 Tom may want a new computer.トムは新しいコンピュータをほしいのかもしれない。

問題3 カッコに適切な単語を入れなさい。

次の土曜日は雨でしょう。

It  rainy next Saturday.will be

マイクは昨日、たくさんの魚を捕まえることができた。Mike  a lot of fish yesterday.could catch

あなたは空港に3時までに着かなければならない。You  at the airport by three o'clock.must arrive

町を散歩しませんか。

 take a walk around the town?Shall we

私たちは外国について学ぶべきだ。 

We  about foreign countries.

 

*解き終わったら解答を確認してみよう!

少し気持ち多めにスクロールしよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題1
can may will must should

問題2
 ブラウンさんは次の日曜日に彼の息子を動物園に連れて行くつもりです。 ケンは英語で手紙を書くことができます。 このペンを使ってもいいですか。 その貧しい人たちのために私たちは何をすべきでしょうか。 私の宿題を手伝ってくれませんか。 あなたに夕食を作りましょうか。 あなたはこの川で泳いではいけません。 トムは新しいコンピュータをほしいのかもしれない。

   問題3

will becould catchmust arriveShall weshould learn

 

です!もし、間違えたら文法の内容を再度確認して理解しよう!
それでは、あなたにこれからも英語の知識を少しずつつけていこうと思うので今回の内容がよかったら「読者になる」「スター」をよろしくお願い致します!

 

<漣の宣伝>

youtube(現役塾講師が教える高校数学解説!)

現役塾講師漣 - YouTube 

*いつも日替わりで一部を掲載中!ほかにもたくさんあるから是非リンクから見てみてね!よかったら「チャンネル登録」宜しくね!

漣が全力であなたをサポートします! だから、諦めないで!


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

 勉強は、英語と数学が勝利のカギを握る!

 

 

漣おすすめ英語参考書

*何を買おうか迷ったら以下がおすすめ!

 

 

 

漣おすすめ広告

*漣の以下のリンクを通して体験等をしていただくと漣に収益が入り、漣をサポート、応援することができます。

漣を応援してくれる方は是非体験してみてください。上記の参考書を購入してもらうのでもOKです。

①この時期からおすすめの塾!このコロナ禍はやっぱりオンライン塾がおすすめ!

漣一押し!

まあ、漣のyoutubeとこのブログを見れば完璧だけどね。(笑)

最後まで見てくれてありがとう!次回の投稿もお楽しみに!

参考文献:中学・英語問題プリント 助動詞1 (005net.com)